« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

バルーン6

ぷくぷくの風船が飛ぶ 落ちてくる夜が来るまでずっと見ている

 

風船を夢の数だけ膨らませ大気圏外遊ぶよ 子供

 

風船を嘘の数だけ膨らませ大気圏から逃げなよ 大人

 

風船の数だけ期待を膨らませ明日のために眠った あなた

 

風船の数だけ不安を膨らませ昨日のせいで眠れない 僕

 

しわしわの風船落ちる また飛ばす朝が来るまでずっと待ってて 

(吉准吉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

How do you smile ?

どんな顔してるの? ふわり手を添えて笑うぶんには嘘はいらない(吉准吉)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さむい!さむい!!さむぅぅぅぅい!!!

寒くなる日々はさみしくなりがち 手つなげないなら夢をみてたい(吉准吉)

 

さむい…

さむいよ

ダンボールや新聞紙はマジであたたかいです。

公園生活はまだまだ続きます。

嘘です。

こたつでヌクヌクしている准吉でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

station

目頭が熱くなる 手は振れないんだ プラットホームでいつも見ていた(吉准吉)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さよならは言わないよ

あたたかい頬に手を添えさよならを言えばそのまま二度と会えない(吉准吉)

枡野浩一さんのブログがお休みになってしまうのはとても残念だったけど、枡野さんも色々と大変なはず…

だけど…

さよならはいわないわ

やっと様々な諸事情から立ち直った吉准吉でした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

枡野浩一かんたん短歌blogのお休みについて

はろーはろー僕は明日へ 明日は今日へ 今日を最後に日記を閉じる(吉准吉)

        「桝野浩一のかんたん短歌blog」がお休みに入ってしまいました。

 

なにこのタイミング…

 

もうこのブログの存在意義9割が消えたんだけど。

 

短歌では日記を閉じるとありますが別にblogはやめないけど

 

どうしようかね〜

 

仲間内の連絡とかに使おうかな

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どっちがいい?

いつだってどこへでだってふたりでいて落ち着くほうが僕の立ち位置(吉准吉)

 

どっちがいいかは、そのとき次第。

今日は右手が温かい

と寒くなり妄想している…

 

ところで昨日噂の「創世のアクエリオン」の第一話見ました。

自分の中ではおもしろかったです。

電波だと思っていたあの歌もよく聞こえてくる。

自分のミーハーっぽさもここまでくると笑えるね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

下ネタですけどなにか?

いじられておおきくなるのかいじらせるためにおおきくするのか謎だ(吉准吉

 

もしかしたら自分の意思が関係しているんじゃないかって話だよ

どう思う?

 

関係ないけどなぜかback spaceがうまく機能しない…

切ないと言うか不思議な気分だ。

厄介この上ない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

別れの覚悟

書き出したなつかしさたちを折り込んでお別れをする覚悟をやっと(吉准吉)

 

 

 

別れとは、新たな出会いのためのものである。

ベタと言えばベタだけど、確かに一理あると思う。

しかし人との別れはつらい。

 

すぐに割り切れる人ってなかなかいないんじゃないかなぁ…

時間をかけて、新たな出会いを噛み締めてやっと新たな環境に慣れてくると思うのだ。

 

こんなことを言いだした理由は特に無いのだが、最近葬式とかって話をよく聞くもんだから…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ごきげんですっ!!

ハンカチは右ポケットにねじ込んで左足から踊るジンクス(吉准吉)



とてもごきげんですっ!


この「真夜中の缶蹴り」は

『枡野浩一のかんたん短歌Blog』
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast?blog_id=24014&user_id=25585

の投稿用に立ち上げたんですが、そこで以下の作品が3つ選ばれました!!


笑わない人達 笑う犬 笑うことを仕事にするのが夢だ


コンビニのおにぎり二つ温めてできることなら笑ってください


できるだけ急いで俺にバファリンのやさしさじゃない半分をくれ


僕が短歌を始めたころ、その世界にのめり込むきっかけになった「ショートソング」。その作者である枡野浩一さんのかんたん短歌Blogに投稿するというのは、やはり少し緊張しました。

なので例え3首でも選ばれたことはとてもうれしく感動的なできごとです。
そう、人生でベスト15にはいるくらい。


これからはもっと打率をあげていきたいっ!

そしてやっとインターネットが自宅(下宿先で)できるようになりました

某U君と同じ方法で(笑)

現にこの記事はPCで作成です。


あぁ…

今ならバク転できるかも☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

変だ…いや恋だ

下心丸出しだから恋なんだ  認めないならそれこそ変だ(吉准吉)

とりあえず僕は変ではないと言うことになりました。

※二重トラックバックしてしまいましたすみません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくまで雰囲気

ゆっくりとだんだん徐々に少しずつふたりで笑い始める雰囲気(吉准吉)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぷりーず うぇいと 30

30秒待ってくれたら笑うからそれまで顔は覗かないでよ(吉准吉)

| | コメント (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »